お気軽にご予約・お問い合わせください
電話番号

さきなか歯科医院

メニューボタン MENU

小児歯科

Pediatric dentistry

小児歯科Pediatric dentistry

お子さまを歯医者嫌いにさせないために

小児歯科▲分かりやすく説明いたします

「歯医者さんはコワイところ」という先入観が治療に支障をきたしたり、お子さまと医師との信頼関係が築けなかったりします。よりよい治療を行うために保護者の方にご協力とご理解をよろしくお願いいたします。

  • はじめての歯科医院は、お子さまにとって居心地のよくないところです。保護者の方を予想外に困らせたり、泣いたりすることもしばしばです。そんな中で治療を行うとトラウマになり歯医者嫌いになることがあります。治療困難な場合、近隣の小児歯科専門医または、大学病院等と連携を取らせていただくことがございますので、ご理解ください。
  • 「言うことをきかないと注射をしてもらう」とか、「頑張らないと歯を抜いてもらう」とか、「今日は、絶対に泣かないで」などお子さまを脅すようなことは、なさらないでください。
  • お口の中のバイキンを退治しようねと治療の必要性をやさしく教えてください。先生はバイキンをやっつけてくれる正義の味方です。悪者にしないでください。
  • 「先生は痛くしないからね」などと言ってはいけません。昔と比べればかなり改善されたとはいえ、歯科治療の多くはやはり不快なものですから、率直にそのことをお話ください。
  • 治療が終わったら叱らないで大袈裟なくらい誉めてあげてください。歯医者は怖いところではありません。医師をはじめスタッフはお子さまの視線で語りかけ、リラックスした状態で治療ができるよう常に痛くない歯医者、怖くない歯医者を目指しています。

乳歯の重要性

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

生えたての歯はとてもデリケートです

永久歯の生えたての時期は、歯の表面が粗造で汚れが付きやすくむし歯になりやすい時期です。また、乳歯にむし歯があると永久歯もむし歯になるリスクが高まります。お子さまの歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

むし歯になりにくい歯へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいないと言われています。では、なぜむし歯になるのでしょうか?むし歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の大人からお子さまのお口にむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。むし歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。この1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子さまと同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない等のお口のスキンシップを控えることで、成長した時のむし歯の本数を少なくすることができます。

お子さまの歯の健康のために意識すべき点

  • 甘いおやつから歯にやさしいキシリトールなどが入ったお菓子に変える
  • すぐに飲み込ませずによく噛んで食べさせる
  • 食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
  • 歯を磨けない場合には口ゆすぎをする

むし歯の予防治療

フッ素塗布
1.フッ素塗布

生えてきたばかりの永久歯は、むし歯になりやすく、しかも急激に進行します。むし歯を予防するために、フッ素を歯の表面にコーティングします。フッ素の効果は、お子さまのお口の中の状態によってさまざまです。フッ素の塗布は歯の生える本数を基準に3ヵ月毎、年に4回を目安とし、医院でのケアを受けることをお勧めします。またご家庭でのフッ素洗口剤やフッ素入り歯磨き粉を、医院でのケアと並行されるとより効果的です。

シーラント
2.シーラント

お子さまの歯、特に奥歯の溝は複雑な形をしているので、なかなか歯ブラシの毛先が入りません。そのため汚れが溜りやすくむし歯が発生することもあります。細かい溝を歯科用の薄いプラスチックでふさいでむし歯を予防するのがシーラントです。シーラントは、はえたばかりの奥歯の予防に有効です。